東新井の家

 
 

CONCEPT 

 
敷地は、所沢駅から徒歩圏内の住宅地にあり、古くからの農家の屋敷が多く、住民同士の関係や生活文化も色濃く残っている。
 
建主は、この場所で育ち、敷地内には母屋の他に納屋や倉庫がある。
建主の要望は、老朽化した木造の母屋の建替えをし、この場の持つ風景を引き継ぐ新しい住まいを望んだ。
 

今までのように玄関脇に来客用の応接室、縁側での作業や住民同士のコミュニティスペース、開放的で風通しが良く、暑さや寒さにも万全な住まいが要望だった。
 
建物は、建主が高齢のため上がり下りが少ない平屋とした。
敷地の北側には、桜の名称として知られる東川に面しており、建物の南北に開口部を設けることにより家中に風が通り抜ける。
 
大屋根を掛け軒を深くし、雨や夏場の日差しから住まいを守り、外壁の熱負荷を少なくした。
縁側は、光沢のあるタイル張りとし、差し込む日差しをタイル面の反射により内部空間が明るくなるようにした。
 
外部デザインは、地域に多くある古くからの漆喰壁の住宅や蔵の地域性を取り入れた漆喰壁の外壁とした。
雨垂れ石は、薄いピンクの天然石を敷き、桜の季節に東川に浮かぶ花びらの延長上にあるような、桜の水面に浮かぶ住まいとした。
 
間取りは、自然と家族が集まるように空間全体がのびやかな大きなリビングになうようにした。
また来客が多く、地域や仕事上の来客、親戚、親族の来客によって招き入れる空間を変えることが出来るようにするため、間仕切りを可変出来るようにし、環境に人が合わせるのではなく、環境が人に合わせてくれるように環境の変化も楽しめる住まいをデザインした。
 
 
 photos:JINGU Ooki